テーマ:行ってみたいな 日本の風景

函館へもう一度・・・

随分と過去のことだが、函館に行ったことがある。 我が故郷とよく似た港街。 一般的には以下のような夜景と朝市のイメージが強い。 まあ、食いしん坊の私は函館到着後直ぐにお店に飛び込んで「いかそうめん」をオーダー。 そしたら女将さんらしき方からこんな言葉が・・・ 「函館で食べたことある?」私は「無いです」と「じゃ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東尋坊

よくTVドラマに登場するここは 恋愛関係で恨みを買って 此処から突き落とされた 平泉寺の僧の名前・・・ 海食によって海岸の岩肌が削られ、高さ約25メートルの岩壁が続く。この岩は輝石安山岩の柱状節理でこれほどの規模を持つものは世界に三箇所だけであり地質上極めて貴重とされ、国の天然記念物及び名勝に指定されている。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

行ってみたいな 日本の風景 4

能登 千枚田 ・・・ 暖かな季節には行ったことがあります 千枚田は国道249号線沿い、輪島と曽々木の中間辺りに位置し、小さな田が幾何学模様を描いて海岸まで続いています。田の枚数は国指定部分で1,004枚もあります。春から夏には海に沈む夕日が田に映えて美しく絶好の撮影ポイントとなります。 今頃の季節は ・・・ こん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

行ってみたいな 日本の風景 3

「雪がちらつく町並みはどこをとっても絵になる。雪吊(つ)りもゆかしい兼六園、凍えるような水をたたえる犀川(さいかわ)、石畳に紅殻格子(べんがらごうし)の茶屋街。しっとりと絵になる風景」と語る切り絵画家、久保修さん。 「雪吊り(兼六園)」(久保修さんの作品) 暖かい季節に行ったことはあるけれど・・・これは別の世界だ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

行ってみたいな 日本の風景 2

雪景色の釧路湿原を駆け抜けるJR北海道の臨時観光列車「SL冬の湿原号」が昨日、今季の運行を始めた。 (写真:北海道新聞) 蒸気機関車って乗るより、見てる方が好きだなぁ。力強い雄姿! 湿原号は釧路管内標茶町内公園で保存されていた機関車を整備して復元、2000年から毎年運行している。23日も釧路-川湯温泉間約90キロ、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

行ってみたいな 日本の風景 1

岐阜県白川村の世界遺産・合掌造り集落で冬のライトアップが昨日から始まった。 (2011年1月23日読売新聞より:赤塚堅氏撮影) これって、まるで、ドリームランドだ! 現在の積雪は約1・6メートル。ライトアップは、1月29、30日、2月5、6、13、19日の午後5時30分~同7時30分に行われる。 Twitterブ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more